学校へ通う前に

右脳教育の大切な時期

楽しく学ぶ

人間の脳には、理論的な思考を司る左脳と、芸術的、直感的な思考を司る右脳が存在しています。右脳がもっとも優位に働くのは0~3歳とされており、人気な幼児教室でもその時期は重要視されています。

詳細を確認する

年齢に応じた教育

みんなで学ぶ

人気を集める幼児教室では、年齢に応じてその時期に適した教育がそれぞれ行われています。0歳には0歳向けの、1歳には1歳向けの、2歳には2歳向けの、3歳には3歳向けの教育が行われます。

詳細を確認する

授業内容のポイント

黒板

子どもを人気な幼児教室に通わせたいと考える親御さんはたくさんいますが、通わせる幼児教室を選ぶポイントの一つに、「それぞれの年齢に応じた授業内容」があげられます。

詳細を確認する

その他のポイント

英語を学ぶ

子どもを通わせる幼児教室を選ぶポイントには、「人気の高い教室」もあげられますが、「教室の立地条件」や「受験への対応」、または「設備」なども重要な考慮ポイントとなります。

詳細を確認する

早期教育の利点

わかると楽しい

子どもを持つ親は、世の中にたくさんいます。そんな親とは、子どもの成長を楽しみに見守るものですよね?子どもの成長は早く、あっという間に大きくなってしまいます。
「健康に育ってくれれば、それだけで十分だ」と考える親もたくさんいますが、やはり多くの親は、「賢い子に育って欲しい」と考えたり、「順応性に優れた子に育って欲しい」と考えたりするものです。健康に育ってくれることが大前提ではありますが、既に健康である場合には、その他の願望を抱いてしまうものなのです。
しかし、賢い子や順応性に優れた子に育ってくれれば、それに越したことはありませんよね?そこで重要となるのが、幼少期に受ける教育内容となるのです。

脳細胞が発達するのにもっとも大切な時期とは、0歳から6歳までの時期だとされています。この時期の子どもたちの脳はかなり柔軟性に長けており、さまざまな感覚や動作から、さまざまなことを吸収し、学んでいくのです。中でも、0歳から3歳までの時期が特に重要だとされており、その頃に受けた脳への刺激が、その後の脳の働きに大きく影響するとも言われているのです。
こうしたことから、0歳から3歳までの幼児教育のあり方とは、その子の一生を大きく左右するといっても過言ではないほど、かなり重要視されています。
しかし親の中には、「その時期にしっかりと教育する自信がない・・・」という方も少なくはありません。そんな方には、「幼児教室」がオススメとなります。